2019年度 新卒採用

内容

【リース・割賦事業】

○事務用機器・情報機器関連/パソコン、サーバー、プリンタ、ソフトウェア、コピー、通信機器など

○医療機器関連/MRI、CT装置、心電計、超音波診断装置、内視鏡装置、医療用コンピューターなど

○輸送用機器関連/自動車、医療福祉車輌、フォークリフトなど

○産業機械・工作機械関連/印刷機械、環境関連機器など

○サービス産業機器関連/POSレジ、計量器、測定機器、光学機器など

 

【金融サービス事業】

○医院、診療所、クリニックの開業支援コンサルティング

○介護報酬ファクタリング、医療・介護事業者向けローンなど

○ビジネスローン、住宅ローン、マンションローンなど

○カード事業

○保険事業


私たちの身の周りにあるほとんどのものがリースで取り扱われています。さらに、国内の実に90%以上の企業がリースを利用するなど、リース業界なしにモノの流通は活性化されず、いまや日本経済になくてはならないインフラだといえるでしょう。

リコーリースは「リース・割賦」「金融サービス」という2つの事業を行っています。リコー関連で培った販売支援リースの仕組みをさまざまな業種の販売会社に提供し、事務用機器・情報関連機器のほか、医療機器、環境関連機器など分野ごとに営業戦略を展開。たとえば医療機器は、市場シェアの10%を占める主力商品であり、医院を開業する際のコンサルティングまで幅広く手がけています。さらに集金代行サービスや法人向け融資、介護報酬ファクタリングサービスなど、多様な金融サービスも提供しています。

契約相手はお客様やベンダー(メーカー等)、保険会社、自治体など多岐にわたります。その営業スタイルもお客様に直接アプローチをかけるほか、ベンダーにアプローチするスタイル、設備投資をトータルでコンサルティングするスタイルなど実にさまざま。そうした多彩なジャンルのお客様と仕事ができるのも、リース営業の醍醐味といえるでしょう。それだけに、いろいろな人の間に立って折衝する能力、人の考えを理解し、深いコミュニケーションがとれる能力が求められます。

当社では社員一人ひとりが自主的に考え、積極的に行動しています。やる気を全面的にバックアップし、高く評価する人事制度も整えていますので、これから入社をめざす皆さんも、挑戦する意欲を高く持ち、自分自身の大きな可能性に賭けてみませんか!

受付終了